カイロプラクティックの歴史を紐解く

カイロプラクティックとは

カイロプラクティックの歴史

アメリカの磁気治療家であったD.D.パーマーによって誕生したカイロプラクティックは、カイロプラクティックの哲学・科学・技術を守ることで、約100年間の多くの先駆者達の努力により世界各地に広まりました。広まることにより、さまざまな主張が出てきましたが、2つの考えは原理として残っています。

カイロプラクティックの誕生

1895年9月18日、磁気治療家のD.D.パーマーが、難聴で悩んでいた患者(ハーベイ・リラード)の話を聞いたところ、ある動作をした際に背中の痛みを感じたときから聞こえにくくなったということだったそうです。背骨に沿って触ってみると、一つの骨が隆起したようになっていて、それを元に戻すように押してみると、骨は元に戻り、それ以来難聴が回復したといいます。これが世界で始めてのカイロプラクティックアジャストメントとなり、この日カイロプラクティックは誕生したのです。

カイロプラクティックの歴史

紀元前~
世界各地で自然発生的に脊椎マニピュレーションが生まれる。腰痛や首の痛みに苦しむ人々を助けようとしていた模様。
多くの外科医や内科医が脊椎マニピュレーションを施していた模様。
16世紀
キリスト教会が権威だった時代、科学はその分析的手法で評価できるかという理由で形而上・形而下に二分され、以降四世紀にわたり科学と魂(スピリット)の分化がすすむ。天動説⇒地動説のパラダイムシフト。コペルニクスの「天体の回転について」
19世紀まで
脊椎マニピュレーションは2000年近く続けられたが、19世紀を迎える頃には外科医や内科医は用いなくなり、接骨師による民間療法として伝承されていく。
19世紀後半
ポピュラー・ヘルス運動:英雄医学(正式な資格(正統)を持つ医師たちが行った荒々しい治療)への強い反発で、1830年代初期の女性運動と並び同時代の労働者運動と関連付けられている。
1830年代初
サミュエル・トムソンは「誰もが自分の主治医」というスローガンのトムソン式治療法(トムソニアン)を広める。シルヴェスター・グラハムの衛生療法を唱える。
1830年代
それまで厳しい医師(正統医学:アロパシー)免許法を施行していたアメリカ全州で、規制の緩和や廃止をした。トムソニアンと衛生療法が衰退。水治療法の台頭、もまもなく衰退。まもなく、アロパシー(ドイツ語を語源とするもので「全治療」を意味するこれはつまり疾病の治療において、効果が証明されたあらゆる方法を包括する治療法)の医師たちは医療のスタンダード化に取り組み、自分たち以外の治療者を「法によって排除」する大規模な運動を開始。
1859年
ダーウィンは「種の起源」を発表。人類の起源を偶然起こった遺伝的変異とし、生命や科学には神の存在はないとした。
1874年
アンドリュー・テイラー・スティル(1826-1916)によってオステオパシーが誕生。
1875年
ヨーロッパからホメオパシー(同種療法)。アメリカ生まれの異端医学(19世紀初頭~半ばまで、植物運動から派生した考え方)。ともに1900年まで人気を博す。
1895年
ダニエル・デビット・パーマー(D.D.パーマー 1845-1913)によってカイロプラクティックが誕生。
レントゲンがX線を発見。
1897年
アイオワ州ダベンポートでD.D.パーマーは、パーマー・スクールを創設。
1898年
7月24日、アメリカはサウスダコタ州のウイロー・レイクでクリアランス・セルマー・ガンステッド(Clarence Selmer Gonstead)が誕生。
1909年
パーマー・スクールでX線診断装置を導入。
1910年
米国医師会はカーネギー財団をスポンサーにつけ、フレクスナー・レポートを発表。医療はすべて科学的な証明に基づくものではならないと主張。アロパシー医学以外は非科学的と切り捨てるものだった。
1911年
ロサンゼルス・カイロプラクティック大学(LACC:Los Angeles College of Chiropractic)創設。
1913年
D.D.パーマー死去。
オクラホマ州、ノースダコタ州、カンザス州で初めてカイロプラクティックが法制化される。
スイスでカイロプラクティクの法制化。
1920年
米国医師会のカイロ弾圧が強まり、カイロプラクターが無資格医療行為として次々と投獄される。
1921年
アメリカで約600人のカイロプラクターのうち450人が法廷へ引き出され、無免許治療の罪で有罪に処せられた。彼らは服役か罰金かの二者択一を迫られ、全員が服役の道を選んだ。
1922年
ニューヨークで100人以上のカイロプラクターが検挙され、これをきっかけに市民運動が盛り上がる。
1923年
パーマー・スクールを卒業したC.S.ガンステッドは、マウント・ホレブの銀行ビルの最上階を借り、一人で開業。
C.S.ガンステッドの恩師であり、彼を治療したカイロプラクターJ.B.オルセンの元で数ヶ月の修行期間を得る、必然性に遭遇。
アメリカ20州でカイロプラクティックが法制化される。
1930年
米国でユニバーサル・カイロ協会とアメリカン・カイロ協会が合併して、全米最大のナショナル・カイロ協会(NCA)を設立(1963年ACAに改組)。
1933年ごろ
C.S.ガンステッドのクリニックは、行列を作る患者とガンステッドが残す結果と評判によって、その銀行ビルの同じフロアを占拠せざるを得ないほどの盛況となった。というのは、ガンステッドが残す結果と評判には競合できないと、他の医師や物理療法士らが出て行ったからに他ならない。
1939年
最初のガンステッド・クリニックがマウント・ホレブのダウンタウンに建てられた。
ドイツでカイロプラクティクが法制化される。
1947年
NCAはCCE(カイロプラクティック教育審議会)を発足させ、教育機関公認への努力を始める。
1948年
世界保健機関(WHO)が国連の専門機関として設立される。
1953年
カナダでカイロプラクティクが法制化される。
「生命の神秘が解明された」と大々的な報道。遺伝子を構成する、DNAの二重らせん構造とその機能を発見。セントラル・ドグマ(DNAの優位性)の定着。
1960年
ニュージーランドでカイロプラクティクが法制化される。
1961年
カイロプラクティック創始者2代目のB.J.パーマー死去(1882-1961)。パーマー・スクールはパーマー大学に。
1962年
マウント・ホレブの町外れに、宿泊施設を併設したガンステッド・カイロプラクティッククリニック着工。
1964年
ガンステッド・カイロプラクティッククリニック開業。
1967年
南アフリカでカイロプラクティクが法制化される。
1974年
全米50州でカイロプラクティックが公認される。
1975年
オーストラリアで、マードック大学が創設される。
メキシコでカイロプラクティクが法制化される。
1978年
C.S.ガンステッド死去。
1980年
ノルウェーでカイロプラクティクが法制化される。
1981年
オーストラリアでカイロプラクティクが法制化される。
1988年
世界カイロプラクティック連合(WFC)が36ヶ国を集め、シドニーで結成。
1990年
カイロプラクティックの職業を潰そうと違法な手段に出たとして、米国医師会に有罪判決。
1991年
日本がWFCに正式加盟。代表団体はCCJ(カイロプラクティック連絡協議会)が務める。
1993年
ロンドンで開かれたWFCの総会に世界50ヶ国100名が集まる。
1994年
イギリスでカイロプラクティクが法制化される。
1996年
WFCがCIOMS(Council of International Organizations of Medical Sciences)に正式加盟。
1997年
WFCがWHOからNGOとして承認。
WFC世界大会が東京で開催。
WFCはカイロプラクティックの教育に対する国際憲章を採択した。
1999年
WFCに対する日本の代表団体は、JAC(日本カイロプラクターズ協会)に交代した。
2000年
LACCがSCUHS(南カリフォルニア健康科学大学:Southern California University of Health Sciences)に改組。カイロプラクティックの専門教育から健康科学の一部門と捉えるカイロプラクティック教育へ。
2005年
GCJガンステッドカイロプラクティックオブジャパンが設立。第1回米国ガンステッドカイロプラクティックセミナー開催。
ジュネーブにおいて、WHO(世界保健機関)は「カイロプラクティックの基礎教育と安全性に関するガイドライン」を発表。
ガンステッド・カイロプラクティックの真髄~歴史・哲学からテクニック・実践まで~という邦題でジョン・コックスDC原著の翻訳書が発刊された。
2006年
GCJガンステッドカイロプラクティックオブジャパンによる、第1回ガンステッドサムライセミナー開催。
2007年
イタリアでカイロプラクティクが法制化される。

□気になる症状コンテンツ一覧

ページトップへ