日常生活で気をつける肩こりの原因

日常生活で気をつける肩こりの原因

ガンステッドシステムに則って施術を行い、神経の流れを整えます。

日常生活で気をつける肩こりの原因

肩こりの症状は、人によって様々です。肩がだるい、と言う人や首の付け根が痛い、腕の上げ下げがしづらいなどの症状があります。
肩こりが酷くなると、めまいや頭痛の原因となる場合もあるので、慢性痛となる前に早めに改善しましょう。

肩こりの原因

まず、肩こりになりやすい原因の一つは、長時間同じ姿勢を続けることです。デスクワークなど長時間同じ姿勢をしやすい人が、肩こりになりやすいと言われます。

この時、同じ筋肉ばかりを使う状態を続けているので、負担がかかっている筋肉が疲れて硬くなっているのです。そのため、コリやだるさを感じてしまうのです。さらに、身体を動かさないことでの血行不良が、さらに筋肉を硬くしてしまいます。

特に女性は、身体が冷えやすい人が多いので、夏場のクーラーや寒さによる冷えにも気をつけた方がいいです。いつも同じところがこるように感じる人は、その場所の末端神経が傷ついている恐れがあります。

筋肉は疲労を感じると乳酸などを作る働きがあり、硬くなった筋肉の圧迫や溜まった乳酸などの刺激により、末端神経が傷ついてしまいます。その場所に痺れや違和感があれば、早めの改善を心掛けましょう。

肩こりを改善するために気をつけること

肩こりを改善するために大切なことは、日常生活で負担をかけ過ぎないようにすることです。長時間座る姿勢をとる人は、猫背や足を組む座り方をしないように気をつけましょう。

きちんとした姿勢を維持することで、身体を支える力や筋肉にかかる負担をバランスよく分散させてくれるので、必要以上に疲れてしまうことを防ぐことができます。
歩く時の姿勢もこれと同じです。

また、肩の筋肉を鍛えることも改善の1つです。筋肉を鍛えることで、今までの首や肩にかかる負荷に耐えられるようになり、筋肉が硬くなって肩がこるという状態が軽減されます。

マッサージを行って肩こりが改善されても、毎日のように筋肉を疲労させていては、一時的な改善にしかなりません。原因をつくらないように普段から気をつけることが大切です。

しかし、肩こりや身体の不調は、原因が分かっていても改善することが難しい場合や、一時的にしか改善されない場合もあります。

カイロプラクティックは、神経の乱れ調整することで、自然治癒力などの生命力を向上させることを目的としています。その結果、身体の不調を根本から改善していきます。また、リハビリ効果の向上も期待できます。

身体の不調が気になる方や痛みがある方は、痛みが慢性状態になる前に当院までご相談ください。京都にある当院では、お客様一人ひとりに合わせたケアを行っております。小さいお子様からご年配の方まで、幅広く受けることができるのでお気軽に足を運んでみてください。

C.S.ガンステッドは、いいました。「私はカイロプラクティックで人々に奉仕したい。そのためにアジャストメントを与える」と。そのために

"Find the Subluxation, correct it and leave it alone."
サブラクセーションを見つけ、調整し、そっとしておきなさい。

□気になる症状コンテンツ一覧

ページトップへ