身体の中心にある腰の役割について

身体の中心にある腰の役割について

ガンステッドシステムに則って施術を行い、神経の流れを整えます。

身体の中心にある腰の役割について

腰を痛めてしまい腰痛治療を受けている方も多いのではないでしょうか。身体には、それぞれの役割を担っている部分があります。特に身体の中心部分にある腰は、様々な部分に影響を及ぼすほど重要な箇所です。こちらでは身体の中心にある腰の役割についてご紹介いたします。

身体を動かす要

運動や日常生活での動きなど、身体の動作には腰が大きく関わっています。毎日行う歩行も腰が上手く機能しているからこそ、スムーズにできるのです。

下半身が軽やかに動けるように腰は、材木を繋ぎとめる際に使う鎹のような役割を果たしています。また歩行だけでなく、前後左右の動きなど数多くの運動機能を兼ね備えています。

身体を支える役割

人間は日常生活において、数多くの姿勢をします。座っている状態でも、立っている状態でも、その場の状況などで姿勢は異なるはずです。様々な姿勢をとることができるのも、腰が正常に働いているからです。

立っている姿勢は、頭や首、両腕、胴体などの上半身を腰だけでその重さを支えている状態なので、肥満などで体重が増加してしまうと、多くの負担を腰にかけることになり、腰痛などを引き起こしてしまうのです。腰の痛みを感じた時は、悪化する前に早めにケアをすることが大切です。

神経や臓器を保護する役割

腰の役割として特に大切なのが、臓器や神経を守ることです。腰には、首に匹敵するほど数多くの神経が集まっており、末梢神経が束になって通っています。この末梢神経は、腰から首にかけて通っている背骨によって守られています。そのため腰を痛めると腰だけではなく様々な部分に影響を及ぼすのです。

また、腰の骨盤は、腹部全体を支えており、生殖器や消化器、泌尿器を保護するという重要な役割があります。

病院で腰痛治療を受けているが、中々改善しないという方もいらっしゃるでしょう。当院は京都市にて、神経の流れを整えるケアを行っております。神経の流れを整えることにより、腰痛や肩こりなどの慢性痛、自律神経の乱れなどの改善を期待することができます。

リハビリ後の身体の調整をしたい方や、病院での腰痛治療や整体院などで施術を受けても思うような結果が出ないという方は、ぜひ当院をご利用ください。

C.S.ガンステッドは、いいました。「私はカイロプラクティックで人々に奉仕したい。そのためにアジャストメントを与える」と。そのために

"Find the Subluxation, correct it and leave it alone."
サブラクセーションを見つけ、調整し、そっとしておきなさい。

□気になる症状コンテンツ一覧

ページトップへ