からだのゆがみの矯正を超えた、その先にある究極のゴールへ

施術の流れ

ガンステッドシステムに則ってカイロプラクティックの施術を行います。無駄に時間を使いません。

施術の流れ

二回目以降の方(再診)

受付
予約票を出していただき、カルテをお受け取りください。
着替え
更衣室でガウンに着替えていただきます。
検査・問診
検査と問診を行います。
  1. インストルメンテーション(ナーボスコープを用い、針の振れを観ます)
  2. 静的触診
  3. 動的触診
  4. 視診
  5. 問診
施術
検査と問診により見いだされた神経の流れの狂いを、取り除くために手だけのアジャストメントを施します。
確認
神経の流れの狂いを見いだす為に行ったインストルメンテーションを再度行い、正常になったことを確認します(ナーボスコープで針の振れがゼロになります)。
着替え
更衣室で着衣してください。
受付
お会計と、必要な場合は次回の予約をおとりください。
初診時に一回分のお会計をされていても構いません。今後の方針を参考にして、お会計の方法を決めてください。

※インストルメンテーション:ナーボスコープを用います。サブラクセーションの可能性のある位置では、脊椎の皮膚表面において左右の温度差が針の振れとして、検出されます。

□気になる症状コンテンツ一覧

ページトップへ